5705
仕事から帰ると、息子の部屋の前に高校の教科書や参考書が
「捨ててくれ!」と言わんばかりに山積みに。

そんなに勉強とオサラバしたかったのか^_^;

+++

今日は、実家のトイプー・サクラの3歳の誕生日。
初めの頃、携帯の着信が鳴ると飛んで逃げていたらしいのに
そこから私の声が聞こえてくることがわかり、耳に携帯を押し当てられると
ちゃんと聞いてるらしいのです。何かを考えているような顔つきで。

だから私はいつも一方的に話しかけてる。
「もしもし、サクラ? 今日はお誕生日おめでとう。 おばちゃん、また今度遊びに行くからね。」
トカナントカ。

昔、私の母が受話器の向こうから1歳にもならない孫に向かって毎日電話をしてきた頃と同じ(笑)