4777
昨晩は神戸地方でもものすごい豪雨が降りました。
全国で水の被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。


そんなさなか、バイト先に傘を置き忘れて来た娘がいます(爆)
そろそろお風呂に入ろうかな・・と思った矢先の彼女からのメール。
「迎えに来て欲しい」とは書いてない。あくまで「傘を忘れた」とある。
小学生の頃から、傘を忘れてもママは迎えには行かないよ、濡れて帰ることになるんだから
雨にはちゃんと備えなさいと、少々躾けが厳しかった。

だからまさか深夜12時前に駅まで傘を持って母が迎えに来るとは思ってなかったみたいで
娘は大喜び♪ 何とそんなことが彼女のツイッターのネタになるくらい嬉しかったみたいで(笑)
私はどんな鬼母なんだろうね。。

確かに子どもの頃のしつけは厳しかった。でもそれは「子どもの時代」だったから。
自立した大人どうしになれば、私はとても甘いのだ(笑)
まぁ、彼女の場合はまだまだ自立はしていないし、まだまだ子どもだけど
「躾けの時代」はもう終わったと私の中では思っている。
後は社会に出て、自力で「常識」を身に付けていって欲しい。

昨晩は声が聞き取りにくいほどの豪雨のせいで、真夜中と言うのに娘の声がとても大きく
気のせいか、ビーサンで水溜りの中を歩く娘の姿はとてもはしゃいでいるように見えました。


    母さんが蛇の目でお迎え嬉しいな。
    ピッチピッチチャップチャップ ランランラン♪♪♪



そして今でも「部屋を片付けろ」だの、「お風呂に入って寝なさい」だのと
屋根の下の雷は鳴り止みません。