カテゴリ:
仕事②のロッカールームで、前の仕事②でご一緒したNさんとばったり会い
来てたんですか~って感じで、お互いにちょっと照れくさかったかも(笑)
Yちゃんも来てるよと教えて下さって、やっぱり短期で仕事をする人は
同じように渡り歩いてるんだなぁと思ってしまった。

+++

若い頃は考えたこともなかったのだけど、毎日休まず遅れず仕事に行くことは当たり前のことだと
思っていました。
でも年齢を重ねて行く内にリスクも多くなってきて
自分自身の体だけでなく、親の健康や介護のことなんかを思うと
休まず遅れず皆勤で仕事をし続けるってすごいなぁ・・ いつまでそうすることができるかなぁ・・と
最近考えるようになりました。昨年の母の病気のことがそのきっかけになったかな。

やはりそういう出来事があると職場に迷惑をかけるわけだし
自分が休むと業務が止まってしまう場合だってあるわけですよね。
私の癒しの職場の仕事①が(意外にも?)そうなんです。

先週の木曜日、施設にいる義父が気管に物を詰まらせて入院しました。
肺炎を引き起こす可能性があると言われていたけど、幸い大事に至らず明日退院の予定。
そんな義父と病み上がりの母を抱える私の立場としては
ダブルワークの第二の仕事を選ぶ時に、そういう体質の仕事をふたつ掛け持ちするのは
ちょっと荷が重いかなぁと最近感じるようになってきました。

どんな仕事でも、する限りは責任を持って真面目にするつもりではいるけれど
短期の仕事によくあるような、その他大勢で同じ仕事をする場合だと
語弊はあるけれど自分ひとりが欠けても業務に支障はないし他の方が補ってくれるからと
そんな仕事を選んでいる自分がいます。
とは言いつつ、半年後にはどんな仕事をしているか自分でも全く想像がつきませんが(笑)