先日お亡くなりになった中川議員。
G7会議での居眠りと泥酔記者会見のニュースでその人物を詳しく知ったのですが。

葬儀で気丈に親族代表の挨拶をされる婦人や、
その脇におられたお子さん達の様子をテレビで拝見しながら
議員である前に夫であり父親であった一家の主を失われたご家族の深い悲しみを想い
と同時に

あの失態のニュースで一躍トキの人となった時にも
このご家族達はどんなにか苦しい状況に追い込まれていたんだろうと
さかのぼって考えてしまいました。
家族で励ましあいながら、支えあいながら、その時も乗り越えられたんでしょうね。

+++

昨晩のテレビで、俳優の長門さんと南田さんのことを取り上げた番組を観ていました。
数年前から認知症の南田さんを献身的に介護される長門さん。
最近、奇跡的な回復の兆しが見られる南田さんの表情からは
本当に信じられないような変化が見られ、希望の光を感じました。

長門さんは南田さんにありとあらゆる苦労をかけ
「今、この役が自分に回ってきたことに感謝する」というような意味のことを
自分の俳優人生に例えておっしゃっていました。
「大切なことは、この病気が治ることよりも、どう生きるか」という意味のことも
著書には書かれているらしい。
印象的な言葉でした。

目標、希望、夢を持つことは生きる原動力になることではあるんだけど
今をどう生きるかが大切なことなんですよね。
一生懸命、誇らしく生きることができれば、
たとえ人生に叶わないことがあったとしても、悔やんだり悲しんだり挫折したりしなくていい。
全てのことに通じる言葉だと思いました。

どちらも色々考えさせられたご夫婦、ご家庭の映像でした。
奇しくも今日は私達夫婦の22回目の結婚記念日。

+++

夫は日帰りの東京出張。
妻はのんびり過ごし、今日は扇風機をかたづけました。