息子は2ヶ月半アルバイトをして、貯金がシンセサイザーを買うための
目標額に達したからという理由で今月でアルバイトを辞めることにしました。
上の画像は息子の人生初めての労働の報酬、4月分と5月分。
6月分と定額給付金と誕生日プレゼント分を合わせて10万になる算段らしい。
もう店長にも辞めることを申告し
ユニフォームのポロシャツとエプロンも今日返してきたそうです。

考え方がドライです。
まぁ、男子なのでせいぜい色んな業種の色んな仕事を経験するのは
肥やしになるだろうとは思うのですが
この割り切り方が私には真似出来ないことなのでアッケラカンです。

ただひとつ気になることは・・・
焼肉店の厨房の仕事だったのですが、ごくごく一部の先輩達に対する息子の感情です。
私はその場面を見たことがないので息子の言葉を鵜呑みにするわけにはいかないのですが
どうやら「何でもかんでも細々と注意したがる大人」がいるらしく
そういう人のことを「小さな大人」と称する息子の発言・態度がちょっと引っかかっています。

「あんな小さい大人にはなりたくない。」とか、
「あんな小さい大人に偉そうに言われたくない。」とか。
あくまでもその環境の中では自分より先輩なのだから・・という理屈は通りにくいようです。

娘も以前バイトをしていた頃は、バイトの前夜になると胃が痛むくらい
嫌な存在の先輩(主婦)がいると話していたことがありました。
そんな彼女も、少しずつ受け流すことを覚えていったのですが。

それもこれも勉強です。
厨房という、裏方の汚い部分も少し見えてしまった息子は
今度バイトをする時は表に出たいとチラと言っておりました。
表は表の楽しさと辛さがあるだろうけど
自分の好きなこと、興味のあることならシンドイことも耐えられる。
辛さを乗り越えられるほど好きなことを見つけて欲しいと思うんですがね。


通帳の画像だけでは味気なかったので、昨日作ったお好み焼きの画像を載せてみました(笑)
今日 夫は、毎月恒例の空手のパパさんとの飲み会。
週末ということもあり、それなら私もちょっと羽を伸ばして
息子に「何かご飯食べに行く?」と誘ってみたら

“すべらない話”が(テレビで)あるから辞めとくわと
あっけなくフラレタ母sonoです。
今日は仕事でした。



+++++

今日のカナダ便り

進級したクラスは今までの基礎英語ではなく専門英語のクラスで
娘には相当難しいらしく、宿題も多いとか。
今までは楽しいばかりだったけど、これからが大詰め。
音を上げるくらいしっかり勉強する期間があってもよいとママは思うよ。
ほら、大嫌いな日本史の受験勉強をやっていたときのことを思えば
それこそ好きな英語の勉強なら乗り越えられるでしょう。
ガンバレ