Yahoo ムービーからお借りしました。

今日は母と映画「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」を観るつもりで難波で待ち合わせをしました。
母の好きな韓国スターのイ・ビョンホンがキムタクと競演していることで話題になった映画です。
約束の時間よりも15分も早く到着している母。
相当楽しみにしていたんでしょうね。

上映時間の2時間前だったのにチケットは完売!
こんなことは今までなかったのに・・と言い訳したら、今日は日曜だったんですね。
甘かった・・

梅田でも上映しているのでイチかバチか地下鉄に乗って行ってみると
色んな種類の映画チケットを買う人達の長蛇の列が!
列に並んでいる間にお目当てのチケットは完売してしまいました。

2日前からネット予約しておくことも出来たんです。
「ドッグフードまでネットで買って送ってくれるアンタが、何でネット予約してなかったの」
みたいなことを母に指摘され、的を突かれてるだけに余計に自分自身に腹が立って
親子ですからイザコザとなるわけですが(苦笑)

「今日はご飯を食べてぶらぶらして・・映画はまた今度にしようかって
何で前向きになれないの。私のせいばっかりにして!」みたいにね。

母は今日のことはとても楽しみにていたし
この梅雨時は膝が痛むこともあって階段の上り降りが少々辛く
その足を引きずるようにして街まで出て来たので
母の愚痴る気持ちもわからなくもないんだけど



母もちょっと悪いと思ったのか、とりあえずお昼ごはんを食べることに。
膝が痛そうだったので、梅田の地下街で適当に入った信州そばのお店。
・・の割りに美味しかったのですが。

昨年の9月から現在にかけて撮り溜めた母とサクラの写真を
やっとまとめて現像したので、そのミニアルバムをプレゼントしたり
おしゃべりしたりするうちに母の機嫌も良くなり

すぐ近くに別の映画館があるから寄ってみようと誘ってみました。
母が少し興味を持っていた「60歳のラブレター」があと30分後に上映すると言うので
やっと運が回ってきました。

そしてこの映画がとても良かったんです。
私は胸がいっぱいになるとうまく感想が書けなくなるので
あえて薄っぺらい感想は書きませんが。

ちょっと違う方向からの感想ですが、イッセー尾形さんて名優ですね!
久し振りにスクリーンで観た原田美枝子さん・・見た目からも年齢を重ねられたのが
感じられたけど、それが逆にとても綺麗で素敵でした。




そしていつも最後はこういう甘いもので締めることになる私達母娘。
地下鉄乗り場の改札のところで
「怒って悪かったね。でも今日の映画もよかったよ。」と母が照れ隠しのように
にこにこ顔で言うので私は母の背中をぽんぽんと叩くようにして
「また来月(ビョンホンの映画)行こね」と言って別れました。

久し振りに母とプチ喧嘩が出来たこの嬉しさや、この清々しさは
いったい何なんだろう。
それは母がまだ元気でいてくれるからこそ喧嘩もできる嬉しさかな。
今日は父の日だったけど、父が亡くなってからは男親の分も頑張ってくれた
母に、やっぱり私はいつまでも頭が上がりません。


+++++


昨日のカナダ便り


留学前期過程を修了した証が届きました。
クラスもワンランク上のクラスに進級したそうです。
1年間留学したら、リジャイナ大学に編入できるとか。
娘は状況が許されないことを理解しているけど
許されるなら編入したいんだろうな・・