図書館の小窓から。
週末、図書館に行く。
この初夏、はじめて日傘をさして仕事に行った。
帰り道、蔦のからまる涼しげな建物の図書館へ、ついふらふらと足が向く。




週末は旅の本が読みたくなる。
岡尾美代子さんの『Land Land Land』





表紙を1枚めくると、こんなキレイな薄紙が。
こういうのを見てハッとする喜びって、旅の発見とどこか似ているかもしれない。





--文中より--
  時々、考えてみる。どうして旅に出たくなるんだろう、と。
  気分転換、現実からの逃避、リセット願望(ホント?)、
  それとも単に“知らないところに行ってみたがり屋さん”なのか・・・・。
  パッと思いつく理由をいくつか書き出してみると、結構ネガティブな理由が多いのに
  我ながら驚いてしまうけれど、もっと突き詰めて考えてみると、旅ゴコロをかきたてられる
  いちばんの理由は、きっとこれです。忘れられない「風景」にある。

  (中略)
  
  スケジュール表には書かれていない、予期せぬこと。こういうことが旅の醍醐味であって、
  こういう場面(それを「風景」と呼んでるんだけど)に出会いたいがために、出かけていくのです。
  重い荷物を「エイっ」と背負って。





宿泊つきの旅は年に一度行けるか行けないか。
ましてやパスポート持参の旅なんて、3年に一度行けるか行けないか。

だけど私は近くてもいい。
歩いて行ける距離でもいい。
行き慣れた場所でもいい。
通勤路でもいい。

お財布やハンカチを持つように、かばんにデジカメを入れ
新しい発見や出会いをしたいと思ってアンテナを張る。
毎日旅するように暮らしたいと思う。
  

+++++

今日のカナダ便り

留学の前半が終了し、13日~21日まで休暇期間。
韓国の男女と日本の女子2人(例のご立腹の女子は別ね)で車で旅するらしい。
万が一の時の為に行き先だけは知らせておいてとメールするも
ドライバーは大学の人じゃないので情報が入ってこない・・とか
何をするとか、どこに泊まるかとか本当に何も知らない・・って
それじゃあミステリーツアーじゃない!?

異国でなければなかなか面白い!と言いたいところだけど、
どうか安全運転で、どうかみんな仲良く楽しい旅になりますように。





唯一、バンフへ行くことだけはわかっているらしい。
こんな素敵な風景に会えるんだね!
母は今から実家へ旅して来ます♪
その前に神社に寄って、旅の無事をお願いして行きましょ。

画像はウィキペディアよりお借りしました。