娘のネイルの画像です。親に似ず、美容関係に興味津々
上のは大学の入学式のネイル。スーツに合わせるので、
少しひかえめな色です。




カフェベーカリーでアルバイトをしているので、仕事のある
日は当然ネイルはできないし、ピアスも透明ピアスです。

こちらはバイトが入ってない日に、ちょっと張り切って塗った
ようです。


          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日娘と話したのですが、親が美容やショッピングに興味
があると、子どものそれにも寛容になると思う 娘にした
らママと一緒にネイルをしたり、お化粧品やブランド品の貸し
借りが出来たり、バンバン物を買ってくれるお母さんは内心
羨ましいのかもしれない。。

あいにく、私はそのどれにも特別な関心がないタイプなので、
娘が髪を染める時も(反対はせずとも)あまり話に乗らなかっ
たし、たいした収入もないくせにブランド品を欲しがることにも
感心しなかった

その代わり私が寛容になるのは、旅行とかコンサートとか
芸術鑑賞など。キザな言い方をすれば、その場その時限りの
ものかもしれないけど、心の栄養になるものには理解を惜しま
ないでやりたいと思っている

ま、そんなややこしい問題ではなく、要するに親が興味・関心
のあることに理解が偏りがちなので、たまには視野を広げて、
子どもの興味の芽を摘むことだけはするまいと自分に言い
聞かせているこの頃なのです。


          

ポチッと応援お願いします