今日は仕事がなかったので、娘と三宮へ出かけました。
彼女も3時から中学時代の友達とファミレスで待ち合わせ
をしているので、わずかな時間でしたが、駆け足で用を
片付けて行きました

今日は平日なので、旧居留地でランチでも食べたいところ
だったのですが、娘があまり時間がないと言うので、中華街
の民生へ行きました

以前、“あみえびとニラとミンチで作る水餃子”の作り方を
習った時に、「民生の水餃子と同じ味よ」と言われて
いたことを思い出し、自分の舌で確かめるごとく(笑)
水餃子も注文してみました。

確かあの時は娘も料理を手伝っていたので、なるほど~と
ふたりで共感できるお味でした 「スープに味がついて
いるので、このまま召し上がって下さい」と言われました。
家で作る時も、次は同じようにしてみようと思います。


         

ポチッと応援お願いします


最近、都合が許される限り、娘も一緒に夕方の台所に立つ
ようにしています。料理に関しては、あまりに何もできない娘
なので、いまだに包丁を持つ手がぎこちなくて、本人よりも
母の方がお恥ずかしい

同じ年齢の人でもこの4月からは一人暮らしを始める人が
何人かいるようです。彼や彼女らは自炊をし、光熱費の管理
も自分でしていくんですもんね

そのことを思ったら、こちらから「手伝ってよー」と声をかけなく
ても、時間がきたら自主的に台所に立つくらいにはなってもらい
たいところ。なかなかそんな理想どおりには行きませんよ 

手伝わされてると思ってやってるんじゃないでしょうか。
何事も強制されたりやらされてる間は楽しくないですもんね。
料理まで嫌いになられては困るんですけど、将来困るのは
彼女自身でしょうからね(苦笑)

まぁ、何事も何とかなるものだ・・ということはわかってはいる
んですよ。私自身、ずっと仕事をしていた母から料理を習った
というわけではなく、料理本を読んだり料理番組を観たりしな
がら何とかなってるわけで・・

でもね、親だっていつまでもそばにいてやれる保証はないん
です。こうやってそばにいられる間に教えておいてあげたいと
思うんですよね。もう娘に教えてあげられることって言ったら、
わたし、ごくごく一般的な家庭料理くらいしかないですから