銀閣寺です。実は私、銀閣寺を訪れた記憶が乏しく、実際に自分の目で見るのは今回が初めてのような気がします。どこにあるのとやや上空を眺めるようにキョロキョロしていたら、先ほどからの私の視界の中にすでにそのあまりに有名な銀閣寺はあったようで、やっと建物に焦点が戻ってきました え あの木造2階建てのような建物が というのが正直な感想です。ハハ、小学生レベルの感想ですね←いえ、これは小学生に失礼かも




順路をたどって行くと、途中こんな苔の説明がありました。近づいて見てみると・・・・




「銀閣寺の苔」 「ちょっと邪魔な苔」 「かなり邪魔な苔」・・と、3種類の分けられています。どう邪魔なんだろうねぇと思いながら、更に順路に沿って上に上がって行く途中、苔を掃除している人がいました。私の前を歩く人が、「それは邪魔な苔ですかぁ~」と質問したのですが、残念ながら返事は返ってきませんでした




一番上まで上がって来ました。東山を背景に小さな銀閣寺ですが、その姿は堂々とした趣きがあって、さすがです。




下まで降りて来ました。水平に眺めても素晴らしいたたずまいです。娘の話によると、義政さんは癒しを求めてキラキラときらびやかな別荘にしなかったのだとか。なるほど~ 後々の時代の私達をも、銀閣寺はこうやって癒してくれているのですね。

美しい苔のせいでしょうか、どこか空気がひんやりと心地よく感じられましたが、この次は是非紅葉の季節に訪れてみたいなぁと思いました 「法然院で心静かに」に続きます。



もう少しお付き合い下さい。
ポチッとよろしくね<人気ブログランキングへ>