風のない暑い日 
さっそうと歩いて帰りたい願望はあるものの、
何となく足取りはバテてヨロヨロ気味

周辺がセミの鳴き声しか聞こえない場所がある。
虫捕り少年になったつもりで
セミを見つけようとしてみるけど、
きっと目が、心が少年になりきれていないのか、
瞬時に見つけることができない。

スーパーへ行く途中、足元にセミの抜け殻を発見
ここにも、そこにも、あそこにも
はぁ 下を向いて歩いている証拠だな。
少年のように、暑くても上を向いて歩かなきゃね



今日は夜からお祭りに出かけてみます
ポチッとよろしくね