今日は空手の神戸大会。
息子と一緒に応援に行って来た
会場に着くと、息子が小学校時代一緒に稽古に励んでいたY君とばったり。
息子とは1年ぶりの再会。
肩に腕を回して「大きくなりやがって~」と言うY君。
大きく・・・って、同い年なんですけど(笑)
兄貴肌のY君らしい歓迎だった。

彼のような仲間がいたから頑張って来れた
個人種目とは言え、ひとりでは頑張りきれない部分は確かにある。
それを思うと、教室の子達はたくさんの仲間・先輩・後輩がいて
恵まれているなぁ。

その仲間に勝ったり負けたりする場面もたくさんあったけど、
身近なところにお互いを高め合う仲間がいることは
実はとても恵まれた環境だということに気づくには、
まだちょっと経験と年齢が浅いかな

最近息子は空手との良い距離(間合い)を見つけた。
試合には出ない。
週に1度の稽古。
小さな後輩達にアドバイスをし、それで上達や成長が見られる
楽しみを見つけた。

空手関係のサイトで知り合った方が、こんな素敵な言葉を下さった。
「空手との距離が安定しているのでしょう。
その子、その時々の空手があり続けて行けば「道」になると思います。」

のんびり歩くもがむしゃらに走るも、その子次第。
一度もケガをせずに歩く子、何度も何度もつまづく子、
時々振り返ったり、休んだり、調子が良ければ1段飛ばし。
続けていたら必ず後ろに「道」が出来、
続けて行くなら必ず前にも「道」がある。

そんなことに気づかせてくれる嬉しい言葉だった。

          

画像左端の兄ちゃんが、大きくなりやがった息子です(笑)
ポチッとよろしくね