今日は娘の高校の卒業式 3月下旬並みの暖かい日に卒業式を迎えた3年生、今年は暖冬の受験で恵まれていたね。在校生は全員参加で、中でも吹奏楽部の娘(高2)は弦楽部と共に威風堂々や校歌などを演奏するらしい。

今年は学校の体育館が工事中の為に、神戸国際会館の中にある“こくさいホール”を借りての卒業式。一流の音楽家達が演奏するオーケストラピットに立たせてもらうチャンスが巡って来て、娘も張り切って出かけて行った

校歌も例年と違って生演奏で歌うことになり、こんなことは一生で一度しかないことかもしれないので、しっかり歌うようにとの先生のお言葉があったらしい。「今年の卒業生は、貴重な思い出ができてラッキーだね」と私が娘に言うと、「でもやっぱり卒業式は体育館が良いな」と意外な言葉が返ってきた。

行事の度に体育館の狭い舞台で演奏したり、文化祭で盛り上がった熱い体育館、それも何だかわかるような気がするね

画像は神戸国際会館オフィシャルサイトからお借りしました。


よかったらポチッとよろしくね