昨日は兵庫県吹奏楽コンクール 神戸地区大会があった。高校A部門に娘の高校が参加している。21校中8校が金賞を受賞して、次の県大会の出場権を獲得

今年は力が入っていた。3年に一度は県大会に連れて行くという、顧問の先生のジンクスにもかかっている 和田薫先生の「吹奏楽のための交響的印象 海響」という曲で挑んだ

結果、銀賞で惜しくも県大会の出場権は逃した でも、私の素人耳は百も千も承知、親バカと言われても構わない、本当に素晴らしい演奏だったと思う もう一度聴きたいと思ったのは、私だけだったのかな

一足先に学校へ戻った部員達は、部室で顧問の先生が結果を持って帰られるのを待っていたそう。いつも練習に使っているこの部室は、決して広いとは言えず、おそらく来年は部員が全員入りきらないだろうと言われている。公立の古い建物ゆえ、冷暖房も完備されておらず、暑い夏は高温で楽器の音が狂うことはしょっちゅう。暑さによってピッチを変えるのだとか 光熱費がかかるからと、扇風機も数に限りがある

恵まれた学校は、各パートごとに練習の部屋を持っているらしい もちろん冷暖房完備 それでも頑張ってこられたのは、十数年前の自分達の先輩も、この部室から全国大会へ行ったという誇りがあったからだと、娘が話していた。

顧問の先生からの報告は、今年は昨年よりも審査員の先生方の評価が上がったこと 自分達の音楽を作り上げようとしていることが伝わってきたという総評、他の学校の先生方の評価が高かったこと、OBさん達が感動して下さったこと・・・最後に先生は、「胸を張って帰りなさい」と労って下さったらしい

お疲れ様 目標には届かなかったかもしれないけど、自分達の目標に確実に1歩近づいたわけだから、また気持ちを切り替えて頑張るしかないよね。

大好きだった先輩達と一緒に、8月の合宿に行けなくなったけど、今日はパーカッションメンバーで大阪へミュージカルのブラストを観に行ってる 明日は先輩達の送別会だと言ってたなぁ。今日ばかりは宿題返上で、楽しんでおいでよ

画像は、昨日会場を後にする時