朝降っていた雨が昼前にはあがったので、部屋に干していた洗濯物を急いで外に干した。風に当てないと、何だか洗濯物が臭い 確か、室内干しでも匂い・・みたいな洗濯石鹸があったっけ 梅雨時は要るかもしれないと思ったけど、セミの鳴き声を聞いていると、梅雨明けもすぐそこかなみたいな気配も感じる。

7月は本当によく降った 九州地方を初め、被害に遭われた方々は本当にお気の毒だ。今朝のニュースでも目を疑うような映像が映し出されていた 家の中が水浸しになり、まさか家が流される様なんて有り得ない 自分のことに置き換えて考えてみると、これからの生活と気力の再建を考えると気が遠くなりそうだ。

でも生きていかないといけない、、 生きてさえいれば、きっと良いことだってあるよね つらい中にも、一瞬でも笑っていられる時間がありますように。どうか元気を取り戻されますように、と祈らずにいられない。
スーパーの帰りに、ご近所の知り合いの方と蚊にさされながら立ち話をした。「土曜日の夕方、お祭りに行くyu●ikaちゃんに会ったよ。浴衣を着て、女の子はいいねぇ sonochanちは、何でも着実にうまくいってて羨ましいわ。親子喧嘩なんて絶対ないでしょ」 と言われて、首を100回くらい横に振った

ここを読んでくれてる方はよくご存知のように、我が家にも悩みはあるし、娘ひとりとってみてもどれだけ浮き沈みが激しいか 「外から見てるのと、中で見るのとは大違いよぉと言った。でも、外から見るとそんなふうに見えるのかなぁと思うとおもしろい気もする。そう思うと、笑っている周りの人がみんなそれぞれ何がしかの悩みや問題を抱えて生きてるんだなぁという気がして、心強く思えたりもするのよね。

何も不安のない毎日・・それもまた不安かもしれない。不安なことや問題が起きた瞬間は重くて沈みそうになっても、現実として受け入れられた瞬間や、ちょっと光が見えてきた瞬間、解決の方向が見えてきた瞬間って好きだったりもする。苦労に免疫のない人よりも、多少の免疫のある人の方が、人間として強さ・深みを感じる。

 何が書きたいのかさっぱりわからなくなってきたよ ちょっと最近感じていたことだったりするんだけどネ。

画像は、雨上がりの図書館のツタ