IMG_8258[1]
昨日はH美ちゃんとW子さんと1年9ヶ月振りの再会。

それぞれの近況報告を聞くには4時間では全然足りないのでした💦

別に決めたことではないのですが、何かしら小さなプレゼントを交換し合うことが多いです。

「この形のマスク、使ってる?」とW子さんから。



IMG_8259[1]
「5年保存できるらしい」とH美ちゃんから。さっそく非常用リュックに入れました。

私からは焼き栗モンブランを🌰

+

かれこれ10年くらい前でしょうか

3人とも同じ年齢の息子がいますが、みんな大学生になってとりあえず子育てが一段落ついた頃

ランチかお茶が定番だった友達と、居酒屋や夜カフェにも行けるようになった自分達の自由を楽しんでいた時代がありました。

これからは月に一回くらいやろうねーなんて言いながら、そんなことも何回か続いたけど

その後の私達の50代も忙しく楽しく過ぎ、三人三様の人生、本当に彼女達は頑張ってるなぁと感心するのです。

+

おふたりは私の夫のことを「ネズミ先生」と呼びます。

3人の息子の空手の先生であり、A君(うちの息子)のお父さんでもあり、ひょんな理由でネズミ先生という呼び名になりました(笑)

W子さんから飛び出した思い出話。これはひとつの例ですが---

昔3人でちょっとリッチなランチをしていたとき、こういうときネズミ先生はなんて言ってる?と聞かれたことがありました。

当時まだ会社員をしていた夫は

「自分は接待とかでたまに高級な店で食事する機会があるけど、sonoにはそんなチャンスは滅多にないから

そんなランチはどんどん行ってくれ」と言ってお小遣いを持たせてくれる、ほんの数千円だけど^^;

と私が答えたそうです。今の夫でも言いそうなセリフなので、私には何の違和感もありません。

でもW子さんとH美ちゃん曰く、そんなふうに言ってくれる旦那さんを当たり前だと思ったらダメなんだよって。

夫をよく知るふたりは、ネズミ先生は(良い意味で)かなり特殊だからって。

+

そう言えばどんなにお酒に酔って帰って来ても、ヘラヘラと機嫌よく笑っているけど

脱いだ服をちゃんとハンガーに掛けてお風呂に入り、いつも通り歯磨きもして、お布団を敷いて勝手に寝ている。

そんな手のかからない人。そういう旦那さん像を一番近くで見て育ってきている娘ちゃんは

将来結婚するときにネズミ先生みたいな男の人をふつうと思って結婚したら、一回は壁に当たると思うって。

人は経験をもとに話すことがほとんどなので、皆がそう考えているとは思いませんが

こういう意見に耳を傾けることは大事なことだと思うのです。

いつも私のブログを読んでいる娘にもこの意見が届くはずなので

「頭の片隅に置いておこうね、お互いに」と思うのでした。

いい夫婦の日は過ぎたけれど、夫にも感謝することも忘れずに。

あ、これ、イイ歳してノロケじゃないですよね(^^;;