9/18(土)のこと
IMG_4833 (2)
京都に ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts という新しいホテルができたことは

テレビのニュースでも取り上げられていました。

1泊10万円以上もするラグジュアリーホテルだなんて優雅だなぁと庶民派は思うのですが

京都にはそんなホテルが増えてきているようですね。

コロナが落ち着いたら海外からたくさんのお客さんを迎える準備でしょうか。

今は国内の人が利用するチャンスです(^_-) 



IMG_4829 (2)
そんなROKU KYOTOがオープンした3日目、宿泊は敷居が高いですが

娘とアフタヌーンティーを楽しみに行って来ました。

偶然にもその少し前まで7泊滞在していた東急ステイと同じグループが運営しているホテルでしたが

こちらはヒルトンのラグジュアリーブランド「LXRホテルズ&リゾーツ」としてアジア太平洋地域での初進出の案件だそうです。



IMG_4837 (2)
エントランスで迎えてくれた珍しい形の木。人工的に剪定されているそうですが



IMG_4839
ホテルのマークはここから来ているとのことです。


IMG_4819 (2)
ティーハウス。到着や出発前に利用する空間としても使われているようです。



IMG_4820 (2)



IMG_4816 (2)
アフタヌーンティーの時間まで、こちらでくつろいで待つことを勧めてくださいましたが



IMG_4823 (2)
私達はホテルを見学させてもらいます。



265d4d63-s
少しだけ紅葉し始めている木々



cb7be322-s
水面に映ってきれいです。



IMG_4748 (2)
別のところに天然温泉を使用した屋外プールもあるそうです。



IMG_4797 (2)
客室からはどんなふうに見えているでしょうか。雨降りもまた風情があるでしょうね。



52d7a4ce-s
向こうに見えているのがレストラン棟。



FullSizeRender
近くを流れている天神川



IMG_4800 (2)
左側に見えるのがダイニング「TENJIN」。
アフタヌーンティーもこちらの会場でした。



IMG_4751 (2)
テラス席とは呼びません、縁側席が人気のようで、先客さんで埋まっていました。



hotel_dining_20210405084018_lg_pc
(オフィシャルサイトより画像拝借)こちらがダイニング。

案内されたテーブル席に一度腰を下ろしたのですが



IMG_4784 (2)
数段階段を降りたところに別のフロアがあり、娘がそちらの方がいいと言うので、許可をいただいて席を移動しました。



IMG_4789 (2)
バーラウンジですが、こちらでアフタヌーンティーをいただくこともできます。



IMG_4758 (2)
娘が言うように、確かにベージュより黒のテーブルの方が映えますね。



IMG_4767 (2)
【壱の段】
わらび餅 梅酒 カカオ ババ



IMG_4763 (2)
【弐の段】
自家製パテドカンパーニュと無花果
サーモンマリネとズッキーニ
京都産和牛のミニバーガー
京壬生菜のキッシュロレーヌ



IMG_4781 (2)
【参の段】
チェリーのパルフェグラス
抹茶のロールケーキ
百合根のモンブラン



IMG_4765-1
【肆の段】
丹波栗 レンズ豆 最中
ボンボンショコラ
オリーブのフィナンシェ



IMG_4762
【伍の段】
ほうじ茶のパンナコッタ
蜂蜜 生姜 檸檬



IMG_4760 (2)
【陸の段】
スコーン2種(プレーン、丹波黒豆)
ROKUオリジナルジャム・クロテッドクリーム



IMG_4755
オリジナル ティー セレクション



IMG_4772 (3)
画像のようにガラスのポットでサーブされますが、1ポットは1カップ強くらいの量です。

希望を言わせていただくとしたら、コーヒーも加えていただきたいです(^O^)/

ボンボンショコラなどを口に入れると、苦いコーヒーが欲しくなります。

緑茶系はミックスハーブティー&緑茶となりますが、私的には残念なお味でした(^^;

お茶の種類にもう少しバリエーションがあればなぁというのが正直な感想です。

セイボリーとスイーツのバランスは好みでした。そしてセイボリーがどれも美味しかったです!

オープン直後はホテル側としても不慣れなことやバタバタはつきものですが

真新しい空気感は特別なものがあるので、そんなバタバタも含めて楽しんでいます。