一昨日、昨日からの続きです。

60代でやりたい夢の形が見えてきました。私の夢が現実味を帯びて色濃くなったように

この3日間のサムネイルのマツバボタンが少しずつ濃くなっているのにお気づきでしょうか(* ´艸`)

あ、どうでもいいですか(^^;

+

ハワイのロングステイや日本一周が目標ではなく、訪れてみたい町に少し長く滞在する旅

「そうだ、○○に行こう」「そうだ、●●で暮らそう」という感じで気軽に出かける旅。

「暮らすと旅するの間の旅」が夢の形になってきました。

「暮らすように旅する」というフレーズはよく目にし耳にしますが

わずか1週間ほどですから、「暮らす」を体験するには物足りないです。

暮らしと旅の間くらいの感覚でしょうか。

簡易キッチンがついているアコモで、したことのなかったひとり暮らし体験もできるのでワクワクします。

何日間かたったひとりで暮らすとどんな感覚を味わうのかも未知です。

行動力のある娘には、「今年中にどこか1ヶ所行って!」と背中をおされました。

いろいろ考え過ぎて、「あぁ あれね、やっぱりやめることにした…」と言い出しそうな母の性格をよくわかっていますから^^;



IMG_E1991
でも今回ばかりは違いました。

紆余曲折しましたが、やっと自分のやりたかったことが形になって見えてきた気がします。

娘からは「専用のノートを買って、そこにどんどん書き込んでいくのよ。ノート、買ってあげるよ!」

とまで(;´∀`) ありがたいけど、母は使いかけのノートで十分ですφ(..)

どれくらいの予算で行けるかをしっかり算出してみなくてはいけません。

旅と暮らしの間なのですから、食費は普段の生活並みに抑えますが

美味しいものを食べたりカフェが好きなので、そんな楽しみは加えたいです。

歩くことが好きなので散歩ばかりしていそうですが、「目的」も「課題」も「宿題」もまったくない

ノンストレス旅。



IMG_1838
やってみれば色々と発見や失敗もあるでしょうから、初めは体験的に

それほど遠方ではなく馴染みのある場所から始めてみようと思いました。

多いに反省点があったとしても、近場なら日帰りで何度でも行けるので悔やむこともないでしょう。

しっかり準備してから臨むタイプの人がいるとしたら、どちらかと言うと私はそちらのタイプでした。

でも年齢とともに完璧に準備することに疲れてきました。

海外旅行の時でも必ずひとつやふたつの忘れ物はあります。

とりあえずお金とパスポートさえあれば何とかなるよね

最後はいつもそう言い聞かせて家を飛び出して来たように

今回もお金と保険証とスマホさえあれば何とかなる。

いえ。それすら忘れても、夫にお願いしてホテルに送ってもらえばいいのだからと。

1回目の行き先は決めました。もう2ヶ月ほど前ですがホテルも予約しました。

探せば他にももっと条件の良いアコモはあるかもしれませんが

そこそこであれば1番でなくてもいいんです。何かを選択する時はいつもそう言い聞かせています。

旅と街歩きとブログ。長く続けてこられたのは好きだったからに他なりません。

家族に応援されながら好きなことができる状況に感謝します。

よほどのハプニングやアクシデントがない限り決行です。

あ、もう少し涼しくなってからね^_−☆