そろそろ最高気温が35度に届き始め

朝から蝉がシャンシャン シャーシャーと鳴き、うだるような暑さが続きます。

『真夏の夜の夢』と聞くと、シェイクスピアの喜劇を連想されるかた

松任谷由実さんの歌を思い出すかた、さまざまでしょうか。

何夜かに分けて『50代最後の夏の夢』の話をさせていただこうと思うのですが

おばさんの夜の戯言は余計に暑苦しく寝苦しくさせてしまうかもしれません(^^;

興味のない方はスルーのご準備を。

+

以下は2013に娘とマウイ島へ旅行したときのブログからの抜粋です。


10574_large
この画像、自分ではとても気に入ってるんだー。
ご年配のカップルとお見受けするけど、こんなふうに過ごす将来に憧れる。
傍らに犬がいてもいいなぁ(*^。^*)



10575_large
夢を夢で終わらせるか、自分の方へ引き寄せるか・・
将来の夢を頭にイメージして、フレームに収めるようにシャッターを切る。


+

IMG_1839
40代~50代の頃はただ漠然と、「将来はハワイにロングステイしたい〜」と口ずさんでいました。

口ずさむという表現がぴったりで、真剣に歌わないように真剣に考えて言ってなかったような気がします。

楽しいと自然と口ずさむように、そう言ってみるだけで幸せな気分になれたのです。

+

60代を前に、いつまでも口ずさむだけでなく、真剣に歌わないとなぁと思い始めました。

あり余るほどの貯蓄でもない限り、仕事を完全にリタイアしてからでは夢の支度金にも困りますし

お金より何より気力と体力の貯金はできませんから、気力体力、仕事のある内に夢の旅支度を始めます。

+

IMG_1832
夫は仕事の閑散期でも日本を離れられるのは10日が限界。

1ヶ月のロングステイの内、10日間は夫と、10日間は可能であれば娘や友達と合流してもいいかな

残りの10日間はひとりでハワイに滞在する。

それとも1ヶ月間どっぷりひとりでハワイに浸かってみる。

無計画にその日その日に行くところ、することを決めるステイも良し

どんな小さいことでもいいから、例えば毎日歩くとか、毎日バスに乗って出かけるとかテーマを決めるも良し

短期語学留学とかウクレレ教室は?という案も家族から出ましたが

私の性分だときっと部屋にこもって勉強や練習ばかりになってしまうのが目に見えるので、それは却下。

そんなことをいろいろ考えていると、はたまた考え過ぎが良くなかったのか

果たして私は何のためにハワイにロングステイするのか?

それほどハワイにロングステイしたくてたまらないのか?

根本的なところがわからなくなってきたのです。

+

IMG_1834
少しクールダウンして考えてみます。1ヶ月は無理でも、1週間か10日くらい

今までのように夫や娘とハワイ旅を繰り返すだけで十分満足なのでは…と思えてきたのです。

私のハワイとの付き合い方はいままで通り、ハワイが恋しくなってきたら行くというスタイルでいいという結論に至りました。

夢が少し形を変えて、もうひとつ漠然とやってみたいことがありました。明日の夜の夢に続きます。