IMG_1579
昨日のブログは亡き愛兎ティンちゃんの夢のことでしたが、今日は亡き父のお墓参りのことです。

昨日、父のお墓参りに行きました。大阪の南端に近いところにありまして

夫が和歌山で仕事があったので、そこへ行く前に立ち寄ってもらいました。

幸い雨が降っていなかったので、傘をささずにゆっくりとお墓の掃除とお参りができました。

お花を飾り、缶ビールをプシュッと開けてお供えします。

母がお参りするときはお下がりのお菓子を墓前でいただきながら父と会話し

私の弟がお参りするときはタバコに火をつけてお供えし

みんなそれぞれのお参りスタイルがあるようです。

+

私の父は私が19歳のときに、44歳の若さで病気のために亡くなりました。

夫との結婚が決まり、結納で夫の両親が私の実家に来られたとき、仏前で手を合わせて下さいました。

それが私の父との初めての対面、そして挨拶だったわけですが

お義父さんが両手をついて、額が床につくほどの深い礼をして下さったのが忘れられません。

今まであれほど深い礼を見たことがありませんでした。

私達の方を振り返って、ひとこと、ふたことお話しされた後で(←内容は失念)

「若い仏さんですな…」とおっしゃられた言葉に無念さを感じました。

義父も実父も、そして夫も(笑) 3人とも干支は子年なのです。

義父は実父よりひと回り先輩。逢っていたらどんな話をしたのかなぁなんて思います。

共通点と言えば、ふたりとも武道をしていたことくらいでしょうか。

義父は剣道、実父は日本拳法、そして夫は空手道。子年と武道。何の因果か…笑

私の実家のお墓参りのことをよく気に掛けてくれる夫には感謝しています。

実父のお墓参りで義父のことを思い出させてくれました。

sono家の墓参りにも行ってこいよーと父が言ってるのでしょうか。