カテゴリ:
IMG_0183
娘と行った「喫茶室 しじま」。
喫茶室という文字を見ただけで、レトロちっくを感じます。


IMG_0182
2階に上がってドアを開けると


IMG_0158
カウンター席と


IMG_0167
2人用のテーブルが2つ。

インスタによると
8席のちっさい喫茶店です。
2019年9月8日そっと開店しました。


まるで目立たないように開店しているような
喫茶室。控えめなのはオーナーさんの人柄
そのままなのではないかと、もしあのマスターが
オーナーさんなら、そんなふうにも思えるのです。


IMG_0147
こちらのカスタードプリンと


IMG_0162
紅茶のソーダを注文し、できあがるまでの間
しばし店内を見させていただきます。


IMG_0164
昭和の家庭にありそうな懐かしい食器類。


IMG_0157


IMG_0171
紅茶のソーダ。このグラスも素敵だなぁ。
紅茶のソーダは家でも真似れるかも!と
やってみたのですが、何かが足りなくて
なかなか再現できない風味です。


IMG_0181
こちらが懐かしいカスタードプリン。
ほろ苦いカラメルソース、固めのプリン
ぽってりとした生クリーム、添えられた
さくらんぼ。すべてが懐かしい。


IMG_E0177
ひところはなめらかプリンが流行したことも
ありましたが、最近は固めのプリンも人気とか。

でもこれを見て懐かしいと感じるのは
40代以上の人じゃないのかな?と思うのだけど
若い世代にも通じるのが不思議。

多分プリンだけでなく、食器類やお店の雰囲気
全体にレトロを感じるんでしょうね。

+

上の画像のガラスを見て思い出したことがあります。

昔、昭和40年代に小学生~中学生だった私の
部屋には、不透明なガラスの本棚がありました。
観音開きになっていて
外から本のタイトルまでは見えません。

そんなに大きな本棚ではなく
もう本が入りきらなくなっていたので
高校生の頃に、父親が新しい本棚を
買ってくれました。
透明なガラスをスライドして開ける
よくある本棚です。

でもいま思うと、あのアンティーク調のガラスの
本棚がとても懐かしく、手離したことが惜しくて
仕方ないのです。
プリンを食べながら、そんな話を娘にしました。

こういうレトロなお店に来るたびに
懐かしいことをひとつ思い出すような気がします。